2005年9月までのバックナンバーはこちらです!

地震後7ヶ月のブログ

私のつれづれbooks

  • マキアヴェリ 君主論
    決断力のない君主は、当面の危機を回避しようとするあまり、多くのばあい中立の道を選ぶ。そして、おおかたの君主が滅んでいく。(君主論) 弱体な国家は、常に優柔不断である。そして決断に手間どることは、これまた常に有害である。(国家論)
  • 奥田英朗 著: 町長選挙

    奥田英朗 著: 町長選挙
    題名が気になるが、ホリエモンやナベツネをモデルにした、ユーモアあふれ、どこかペーソス(哀愁)を感じさせる、人生賛歌?

  • 佐々木 毅著: プラトンの呪縛

    佐々木 毅著: プラトンの呪縛
    民主主義の可能性と限界を考えさせるプラトン。ではいかなる政治が?小泉自民党を支持した私を含む日本国民が慎重に考えなければならない。

  • 土門 拳: 土門拳強く美しいもの

    土門 拳: 土門拳強く美しいもの

  • 日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済

    日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済
    全章興味深いが、第12章 「エネルギーの覇権」:土市勉 は柏崎の方なら必読。僭越ながら、原子力と水素:燃料電池の関連づけは私も浜岡原発の事故の際に思いついた。

  • 村上 龍: 半島を出よ 下

    村上 龍: 半島を出よ 下
     益々さわやかさからは遠ざかる。暴力がテーマ、となると北野武監督になると思うが、村上龍自身監督をつとめた経験もあるのだから、いずれ映画化されるであろう。それを意識して書かれた作品。  北野武が蓮實重彦にその自殺願望を見抜かれたことと同様、気付かれたくない、けれども気付いてもらいたい、落ちていく日本、それに気付かない日本人。実は日本自身に自殺願望があるのだ、それを感じ取ってくれ、との叫びの様にも感じられる。希望は?再生は?さて、・・・・。         

  • 村上 龍: 半島を出よ 上

    村上 龍: 半島を出よ 上
    さわやかな連休には一番ふさわしくない本だが、今の日本人が一番読まなければならないような気がする。読み始めたばかりだが、そう感じた。20年ほど前、同じ村上龍の「愛と幻想のファシズム」を読んで唸ったことがあるが、同様にインパクトがある本のように思える。

  • 幸田 真音: 小説ヘッジファンド

    幸田 真音: 小説ヘッジファンド
    4.5年前のものだが、今読むと日本経済、システムがよく分かる。結末は少し出来すぎ。


  • 佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

    佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

にもかかわらず桜井 サイト内検索


« 迷う | トップページ | 新潟県の曖昧さ・柏崎のどっちつかず »

2005年5月26日 (木)

時間がない

 残念ながら柏崎には時間がない。

 先般、「ドラッグストアで」でも書いたおばあちゃんが亡くなっておられた。先日、前を通りかかったら、忌中札があった。一昨年の市議選の時、玄関で100歳のお母さんの介護のことを伺い、行政と掛け合った経過がある。その後、100歳のおばあちゃんは施設に入ることが出来たのだが、昨年の市長選の時も・・・・・。80歳を数えたおばあちゃんの晩年はどんなものだったのだろうと想像するに全くたまらない。80歳の娘に先立たれた100歳のおばあちゃんは。

 医療問題懇談会が設置されると言う。設置期間は2カ年。毎年度4回の懇談会。市民満足度調査で既に最低の満足度が出ているこの問題を何故、2年間もかけて「懇談」する必要があるのか。本日付け朝日新聞新潟版では医師が足りない県内病院ランクが示されていたが、見事、刈羽郡総合病院と今は独立行政法人となった国立療養所新潟病院はその1位、2位である。恥だ。国療に関しては、評判は良い。小児科など夜でも良心的であり、看護婦さんたちも親切だ。評判というのは当てになるようでならない面もあるが、事実、柏崎における医療体制への不満は著しく大きい。これは周知のことなのだ。

 2年。限りなく無駄だとしか思えない。求められているのは決断であり、施策である。

 JR、2010年問題が叫ばれているが、羽越線はミニ新幹線の旗を降ろし、すかさず高速化の旗を揚げた。私は長岡・柏崎間のミニ新幹線について、財政的観点からその非現実性を訴え、上越新幹線長岡、北陸新幹線上越へのシャトル運行を提案してきた。前々回の選挙であるから6年も前からである。10年前には、北越北線(現ほくほく線)の開業、将来の赤字化と魚沼・上越の高規格道路計画の前に、再びの陸の孤島・柏崎を問題提起し、後援会報などにも記してきた。「ミニ新幹線の旗は降ろします、けれども柏崎を陸の孤島には絶対にしません」、と力強く宣言し、新年度予算では費目だけでも、信越線高速化事業を掲げるべきであったのだ。

 公務員、退職時の特別昇給。昨日付け読売新聞(5月25日)によれば、全国で6割の自治体がいわゆる「お手盛り」を廃止したという。柏崎市はどうなったのだろう?10年ほど前からの柏崎行政改革大綱づくりで私はこのことも指摘し、最後に近い一昨年12月の議会でも質問した。明確な返事はなかった。2号俸上がるお手盛りが、1号俸に改められた、とも聞くが、柏崎市は6割の中に入るのか、それとも屈辱的な残り4割の中に入るのか?

 

« 迷う | トップページ | 新潟県の曖昧さ・柏崎のどっちつかず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間がない:

« 迷う | トップページ | 新潟県の曖昧さ・柏崎のどっちつかず »

現在の時刻


学習塾SEA

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ