2005年9月までのバックナンバーはこちらです!

地震後7ヶ月のブログ

私のつれづれbooks

  • マキアヴェリ 君主論
    決断力のない君主は、当面の危機を回避しようとするあまり、多くのばあい中立の道を選ぶ。そして、おおかたの君主が滅んでいく。(君主論) 弱体な国家は、常に優柔不断である。そして決断に手間どることは、これまた常に有害である。(国家論)
  • 奥田英朗 著: 町長選挙

    奥田英朗 著: 町長選挙
    題名が気になるが、ホリエモンやナベツネをモデルにした、ユーモアあふれ、どこかペーソス(哀愁)を感じさせる、人生賛歌?

  • 佐々木 毅著: プラトンの呪縛

    佐々木 毅著: プラトンの呪縛
    民主主義の可能性と限界を考えさせるプラトン。ではいかなる政治が?小泉自民党を支持した私を含む日本国民が慎重に考えなければならない。

  • 土門 拳: 土門拳強く美しいもの

    土門 拳: 土門拳強く美しいもの

  • 日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済

    日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済
    全章興味深いが、第12章 「エネルギーの覇権」:土市勉 は柏崎の方なら必読。僭越ながら、原子力と水素:燃料電池の関連づけは私も浜岡原発の事故の際に思いついた。

  • 村上 龍: 半島を出よ 下

    村上 龍: 半島を出よ 下
     益々さわやかさからは遠ざかる。暴力がテーマ、となると北野武監督になると思うが、村上龍自身監督をつとめた経験もあるのだから、いずれ映画化されるであろう。それを意識して書かれた作品。  北野武が蓮實重彦にその自殺願望を見抜かれたことと同様、気付かれたくない、けれども気付いてもらいたい、落ちていく日本、それに気付かない日本人。実は日本自身に自殺願望があるのだ、それを感じ取ってくれ、との叫びの様にも感じられる。希望は?再生は?さて、・・・・。         

  • 村上 龍: 半島を出よ 上

    村上 龍: 半島を出よ 上
    さわやかな連休には一番ふさわしくない本だが、今の日本人が一番読まなければならないような気がする。読み始めたばかりだが、そう感じた。20年ほど前、同じ村上龍の「愛と幻想のファシズム」を読んで唸ったことがあるが、同様にインパクトがある本のように思える。

  • 幸田 真音: 小説ヘッジファンド

    幸田 真音: 小説ヘッジファンド
    4.5年前のものだが、今読むと日本経済、システムがよく分かる。結末は少し出来すぎ。


  • 佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

    佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

にもかかわらず桜井 サイト内検索


« 時間がない | トップページ | スピード »

2005年5月30日 (月)

新潟県の曖昧さ・柏崎のどっちつかず

 先般、地方制度調査会で県の新しいくくり、つまり道州制へのステップ、全国区域制案が提示された。

 予想されたことだが、新潟県は悩ましい。8地域、9地域に分かれるとするならば、関東甲信越ブロックとなるし、10,11,12地域に分かれるとするならば、北陸ブロックとなる。

 新潟県は、従来、東北に見られることもあれば、(東北電力供給区域)、(原発関係の予算、交付金等に関しては仙台に行っていた)、北陸に見られることもあり、(高校野球:北陸信越大会)、(建設行政、農政はそれぞれ北陸地建、北陸農政局)、(コシヒカリの発祥は確か福井)、関東甲信越に入ることもある。NHKのニュースや天気予報は関東甲信越のくくりである。

 柏崎は行政区は中越、中学校などの大会は未だ「上越大会」そして、何よりも10万都市にもなれなかった。刈羽村を残してしまったのは、敢えて書くが西川市政の失敗であった。

 私は、もともと「県」廃止論者であったが、同時に同州制にはきわめて懐疑的であった。なぜならば、県の存在よりももっと「縁遠い」存在となるし、共通意識はもてなくなり、単なる国からの連絡中継点にしかならなくなる、との考えからであった。権限の委譲という観点から見れば、非効率的にもなる、との考えである。国があり、市がある。それで良いのはないか、という主張である。その上で、自治法を緩やかなものとし、シティマネージャー制や市レベルでの議院内閣制の検討もするべきであり、多様な自治形式があって、しかるべきと考えていた。

 国は、その時の危惧として、「地方の未熟、能力の無さ」をあげる。私も国の主張に一定の理解はある。特に人材は、と言われるならば、つらいものがある。刈羽村に関して、村長にそのことを言った事がある。村長はあっさりそれを認めた。

 私がどう書こうと、考えようと動いている。柏崎は発言しなければならない。柏崎は新たな提案をしなければならない。柏崎は常に注目されなければならない。発言せよ。提案せよ。スポットライトを浴びよ!そうしないと埋没する。高速交通網だけではない。

 長岡は寺泊という海を手に入れ、佐渡との連携を強化する。柏崎観光業界にとって最大の危機と感じなければならない。長岡市山古志に「トキ」が舞い、新幹線、高速道から寺泊へのダイレクトなバイバスが出来たならば、文字通り長岡市野積海水浴場は新潟県一となる。

 柏崎はもう一度、刈羽とそして、出雲崎町と合併協議に入るべきである。特に出雲崎まで長岡に取られてはならない。

 発言せよ。提案せよ。注目を浴びよ。

« 時間がない | トップページ | スピード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟県の曖昧さ・柏崎のどっちつかず:

« 時間がない | トップページ | スピード »

現在の時刻


学習塾SEA

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ