2005年9月までのバックナンバーはこちらです!

地震後7ヶ月のブログ

私のつれづれbooks

  • マキアヴェリ 君主論
    決断力のない君主は、当面の危機を回避しようとするあまり、多くのばあい中立の道を選ぶ。そして、おおかたの君主が滅んでいく。(君主論) 弱体な国家は、常に優柔不断である。そして決断に手間どることは、これまた常に有害である。(国家論)
  • 奥田英朗 著: 町長選挙

    奥田英朗 著: 町長選挙
    題名が気になるが、ホリエモンやナベツネをモデルにした、ユーモアあふれ、どこかペーソス(哀愁)を感じさせる、人生賛歌?

  • 佐々木 毅著: プラトンの呪縛

    佐々木 毅著: プラトンの呪縛
    民主主義の可能性と限界を考えさせるプラトン。ではいかなる政治が?小泉自民党を支持した私を含む日本国民が慎重に考えなければならない。

  • 土門 拳: 土門拳強く美しいもの

    土門 拳: 土門拳強く美しいもの

  • 日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済

    日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済
    全章興味深いが、第12章 「エネルギーの覇権」:土市勉 は柏崎の方なら必読。僭越ながら、原子力と水素:燃料電池の関連づけは私も浜岡原発の事故の際に思いついた。

  • 村上 龍: 半島を出よ 下

    村上 龍: 半島を出よ 下
     益々さわやかさからは遠ざかる。暴力がテーマ、となると北野武監督になると思うが、村上龍自身監督をつとめた経験もあるのだから、いずれ映画化されるであろう。それを意識して書かれた作品。  北野武が蓮實重彦にその自殺願望を見抜かれたことと同様、気付かれたくない、けれども気付いてもらいたい、落ちていく日本、それに気付かない日本人。実は日本自身に自殺願望があるのだ、それを感じ取ってくれ、との叫びの様にも感じられる。希望は?再生は?さて、・・・・。         

  • 村上 龍: 半島を出よ 上

    村上 龍: 半島を出よ 上
    さわやかな連休には一番ふさわしくない本だが、今の日本人が一番読まなければならないような気がする。読み始めたばかりだが、そう感じた。20年ほど前、同じ村上龍の「愛と幻想のファシズム」を読んで唸ったことがあるが、同様にインパクトがある本のように思える。

  • 幸田 真音: 小説ヘッジファンド

    幸田 真音: 小説ヘッジファンド
    4.5年前のものだが、今読むと日本経済、システムがよく分かる。結末は少し出来すぎ。


  • 佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

    佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

にもかかわらず桜井 サイト内検索


« 私の思い | トップページ | 残念ながら »

2005年6月20日 (月)

今日の日経

 気になった記事から

 1面トップ:萩国際大学の民事再生法適用。柏崎の新潟産業大学、新潟工科大学。萩国際大学ほどではないが、定員割れは起こっている。昨年まで、産大の評議員を勤めさせていただいた。理事長、学長はじめ学校側に率直な意見を言わせていただいてきた。はっきり申し上げて、唯一だったと思う。柏崎にとって大切な大学である。だからこそ、多額の税金を投入してきた。だからこそ、厳しい意見を言わねばならない。だからこそ、悲劇を招く前に抜本的な対策を組み立てておかなければならない。学園ゾーンに公園が出来、貴重な遺跡が出て、その上大学が、・・・と言うことでは全く洒落にならない。おまけに隣は墓園である。2010年問題は交通の上での契機だが、2007年問題は大学全入時代の始まりとして、柏崎も心せねばならない。今からでも遅いぐらいだ。

 5面インタビュー領空侵犯:産業再生機構専務の冨山和彦氏が「芸術の商業化」「商業主義が逸材を育てる」と訴えている。その主張は良く理解できるところなのだが、見出しとなった「芸術家よ 大衆におもねろう」が気にかかった。「おもねよう」ではないのかな?「おもねろ」が命令形だからいいのか?日経編集部に聞いてみよう!

 15面:地域が支える中小企業 資金調達に私募債や地縁を使った資金調達を紹介している。内容に目新しさは無いが、「地縁」という言葉遣いは新しかった。過日発表された、柏崎地域の高額納税者名簿、多くが医者である。産業界の顔ぶれは決まっていて、その割合は他地域に比べると少ないように思えた。産業界が殆どを占めるようなまちでなければならない。

 17面:アメリカ政府内での知日派が弱体化し、「日本素通り」で中国、朝鮮半島に外交的興味、関心が向けられている記事である。同じ事は冒頭に書いた、大学問題にも当てはまる。つまり、開学当初、上海はじめ沿岸部の発展地域から留学してきた中国人学生も、最近は柏崎を通り越すだけではなく、東京を通り越し、つまり日本を素通りし、アメリカに渡る若者が多いのではないか。今、中国内陸部からの留学生が多い。それでモッテいる。日本・柏崎の「透明化」が始まりつつある。

 23面:ハーバード大学教授入江昭氏の日本外交への提言「現在のみならず将来をも共有する決意があって、はじめて過去をも共有できるのである」という言葉は、とかくこういった時に持ち出されるドイツ・ヴァイツゼッカー大統領の言葉などを全て消化した上での視線である。同じ23面にある「石油と世界」は現在の原油高を中国経済発展との関係で説明している。日本のエネルギー戦略は外交と同様有るようで無い。原発を持つ柏崎はもっと日本のエネルギー戦略に発言して良いはずだし、もっと注目されなければならない。ここでも柏崎の発信力が無くなってきているようである。

 原発行政において、柏崎市、新潟県が先進であったのは、三法交付金の創設時と使用済み核燃料一時保管税創設の時だけだ。停止項目も核燃料税の創設も税率改訂も皆他県に先んじられている。震度5弱の地震で、一時停止の申し入れをしたのか?先般の安全協定改訂のニュースは幻か?原発反対三団体はどうした!

 そして、最終面40面おなじみ渡辺淳一氏「愛の流刑地」

 「助けて、だめよう」「死ぬう、殺して・・・・」申し訳ないが声が出なくなるのは「冬香」だけでたくさんである。

« 私の思い | トップページ | 残念ながら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の日経:

« 私の思い | トップページ | 残念ながら »

現在の時刻


学習塾SEA

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ