2005年9月までのバックナンバーはこちらです!

地震後7ヶ月のブログ

私のつれづれbooks

  • マキアヴェリ 君主論
    決断力のない君主は、当面の危機を回避しようとするあまり、多くのばあい中立の道を選ぶ。そして、おおかたの君主が滅んでいく。(君主論) 弱体な国家は、常に優柔不断である。そして決断に手間どることは、これまた常に有害である。(国家論)
  • 奥田英朗 著: 町長選挙

    奥田英朗 著: 町長選挙
    題名が気になるが、ホリエモンやナベツネをモデルにした、ユーモアあふれ、どこかペーソス(哀愁)を感じさせる、人生賛歌?

  • 佐々木 毅著: プラトンの呪縛

    佐々木 毅著: プラトンの呪縛
    民主主義の可能性と限界を考えさせるプラトン。ではいかなる政治が?小泉自民党を支持した私を含む日本国民が慎重に考えなければならない。

  • 土門 拳: 土門拳強く美しいもの

    土門 拳: 土門拳強く美しいもの

  • 日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済

    日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済
    全章興味深いが、第12章 「エネルギーの覇権」:土市勉 は柏崎の方なら必読。僭越ながら、原子力と水素:燃料電池の関連づけは私も浜岡原発の事故の際に思いついた。

  • 村上 龍: 半島を出よ 下

    村上 龍: 半島を出よ 下
     益々さわやかさからは遠ざかる。暴力がテーマ、となると北野武監督になると思うが、村上龍自身監督をつとめた経験もあるのだから、いずれ映画化されるであろう。それを意識して書かれた作品。  北野武が蓮實重彦にその自殺願望を見抜かれたことと同様、気付かれたくない、けれども気付いてもらいたい、落ちていく日本、それに気付かない日本人。実は日本自身に自殺願望があるのだ、それを感じ取ってくれ、との叫びの様にも感じられる。希望は?再生は?さて、・・・・。         

  • 村上 龍: 半島を出よ 上

    村上 龍: 半島を出よ 上
    さわやかな連休には一番ふさわしくない本だが、今の日本人が一番読まなければならないような気がする。読み始めたばかりだが、そう感じた。20年ほど前、同じ村上龍の「愛と幻想のファシズム」を読んで唸ったことがあるが、同様にインパクトがある本のように思える。

  • 幸田 真音: 小説ヘッジファンド

    幸田 真音: 小説ヘッジファンド
    4.5年前のものだが、今読むと日本経済、システムがよく分かる。結末は少し出来すぎ。


  • 佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

    佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

にもかかわらず桜井 サイト内検索


« 中田英寿と強奪事件 | トップページ | 神も仏もいないのか »

2006年6月26日 (月)

路線の違い

 私はもともと朝日、岩波路線ではないのだが、朝日新聞は浪人生であった頃から欠かさず購読しているし、岩波書店の本社がある神保町の「信山社」は東京出張の折りには立ち寄るし、岩波新書もかなり買って読んできた。

 先月の岩波新書は私にとってなかなかの本である。ケインズと丸山真男についての著作である。まだ読んでいない。来月くらいに読書感想文をお届けする。

          Dsc_0172

 さて、一冊は柏崎の書店にあったが、もう一冊はなかった。だいたい岩波の本を扱っている書店が一軒しかなかった。それも少ない。岩波の本は確か買い取りであったはずで、おまけにそうは売れない。岩波の本を揃えると言うことは、ある意味、書店の力を表すバロメータでもあるわけだ。岩波書店の本を扱う本屋が柏崎にはほとんど無くなってしまった。困った事態である。柏崎を象徴する一コマである。

 路線は違うが私は応援するので、朝日も岩波も柏崎の書店も頑張って頂きたい。

 昨夜は我らが八坂神社の氏子青年部で作る和那美会(わなみかい)の総会があった。ここでも正に路線の違いから論議があった。要は御輿渡御(みこしとぎょ)の路線を短くするか否か、という論議である。私は一端短くしたら祭りそのものが無くなっていくと思われるので伝統保守派。また、一方は、青年部と言っても高年齢化が進み、難儀になっているので半日に縮小派もかなりの勢力である。

 祭りとはある意味不条理なものである。神社を守るなどと言うのは、信教の自由などという論理を持ち出せば、一瞬のうちに不可能なものとなる。一方、氏子町内という括りが存在し、長年コミュニティを形成してきたことも大切な事実である。民主主義の論理は成り立ちそうで成り立たない。

 私も今の路線をずうっと続けることが可能だとは考えていない。ただ、まだ頑張られる、と考えている。書店の例がそうであるように、岩波を扱わず生き残るという手も一つである。けれども頑張られるだけ頑張ってみようではないか。

 私は神社も祭りも書店も柏崎も無くなりそうで怖いのだ。もっと率直な論議をみんなが表に出てしないと。

« 中田英寿と強奪事件 | トップページ | 神も仏もいないのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路線の違い:

« 中田英寿と強奪事件 | トップページ | 神も仏もいないのか »

現在の時刻


学習塾SEA

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ