2005年9月までのバックナンバーはこちらです!

地震後7ヶ月のブログ

私のつれづれbooks

  • マキアヴェリ 君主論
    決断力のない君主は、当面の危機を回避しようとするあまり、多くのばあい中立の道を選ぶ。そして、おおかたの君主が滅んでいく。(君主論) 弱体な国家は、常に優柔不断である。そして決断に手間どることは、これまた常に有害である。(国家論)
  • 奥田英朗 著: 町長選挙

    奥田英朗 著: 町長選挙
    題名が気になるが、ホリエモンやナベツネをモデルにした、ユーモアあふれ、どこかペーソス(哀愁)を感じさせる、人生賛歌?

  • 佐々木 毅著: プラトンの呪縛

    佐々木 毅著: プラトンの呪縛
    民主主義の可能性と限界を考えさせるプラトン。ではいかなる政治が?小泉自民党を支持した私を含む日本国民が慎重に考えなければならない。

  • 土門 拳: 土門拳強く美しいもの

    土門 拳: 土門拳強く美しいもの

  • 日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済

    日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済
    全章興味深いが、第12章 「エネルギーの覇権」:土市勉 は柏崎の方なら必読。僭越ながら、原子力と水素:燃料電池の関連づけは私も浜岡原発の事故の際に思いついた。

  • 村上 龍: 半島を出よ 下

    村上 龍: 半島を出よ 下
     益々さわやかさからは遠ざかる。暴力がテーマ、となると北野武監督になると思うが、村上龍自身監督をつとめた経験もあるのだから、いずれ映画化されるであろう。それを意識して書かれた作品。  北野武が蓮實重彦にその自殺願望を見抜かれたことと同様、気付かれたくない、けれども気付いてもらいたい、落ちていく日本、それに気付かない日本人。実は日本自身に自殺願望があるのだ、それを感じ取ってくれ、との叫びの様にも感じられる。希望は?再生は?さて、・・・・。         

  • 村上 龍: 半島を出よ 上

    村上 龍: 半島を出よ 上
    さわやかな連休には一番ふさわしくない本だが、今の日本人が一番読まなければならないような気がする。読み始めたばかりだが、そう感じた。20年ほど前、同じ村上龍の「愛と幻想のファシズム」を読んで唸ったことがあるが、同様にインパクトがある本のように思える。

  • 幸田 真音: 小説ヘッジファンド

    幸田 真音: 小説ヘッジファンド
    4.5年前のものだが、今読むと日本経済、システムがよく分かる。結末は少し出来すぎ。


  • 佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

    佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

にもかかわらず桜井 サイト内検索


« うまい棒以下 | トップページ | 1年前の話 »

2006年11月 2日 (木)

柏崎・上越小さな旅

 少年野球場の使用申し込みをするため上越まで行って来た。今日は車が無い日なので電車で行ってきた。11時の電車、直江津乗り換えでお昼前に春日山に着いた。早速総合体育館で申し込み。少年野球場A.B2面朝から夕方まで借りて¥1300である。安い!政策的なものであるのだろうけれどもそれにしても安い!市外の私たちが借りてもこの値段である。先般の日経の行政サービス順位付けで県内1位も納得できる。こういったことも理由の一部であろう。

 2時の電車で帰ってくれば良かったので、春日山から直江津まで歩いた。そういう目で見ているせいもあるのかもしれないが、農家の家の作りや道の広さなど何となく違う。人口規模という言葉が脳裏に浮かんだ。

 一方、ムダだなあと思うような施設もあった。直江津の駅前は相変わらず寂しい。八坂神社も参拝し、近くの飲屋街も回ったが、(もちろん昼間っから飲まないし、だいたい開いていない)、力がない。直江津の停滞は直江津高校の閉校で象徴される。中等教育学校になるのだが、同一市内にある高田高校との比較において結論づけられたのであろう。打って出た、という見方もあるが・・・・。

 電車の中ではセネカを読んだ。事務所を出る間際、「エイッ」と本棚から取り出した薄い一冊である。

 「われわれを害悪に巻き込むことの最も甚だしいのは、多数者の賛成によって承認されたことを最善と考えて世論に同調することであり、また沢山のことをわれわれの先例として、道理に従って生きるのではなく模倣に従って生きることである」

 「幸福な人は、たとえ現況がどうであれ、それに甘んじ、自己の境遇に親しんでいる者である」

 「つまり、われわれは自然を指導者として用いねばならないのである。理性は自然を尊重し、自然から助言を求める」

 オー!セネカの言うとおりだ。私は正々堂々キノコ採りに行ける!¥1300の使用料を払うために往復電車賃がちょうど¥1300。セネカも読めたし、1時間半歩いたし、いい時間だった。けれどもセネカはかつての教え子、暴君ネロに殺されるんだよなあ。教え子は大切にしないと。

« うまい棒以下 | トップページ | 1年前の話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎・上越小さな旅:

« うまい棒以下 | トップページ | 1年前の話 »

現在の時刻


学習塾SEA

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ