2005年9月までのバックナンバーはこちらです!

地震後7ヶ月のブログ

私のつれづれbooks

  • マキアヴェリ 君主論
    決断力のない君主は、当面の危機を回避しようとするあまり、多くのばあい中立の道を選ぶ。そして、おおかたの君主が滅んでいく。(君主論) 弱体な国家は、常に優柔不断である。そして決断に手間どることは、これまた常に有害である。(国家論)
  • 奥田英朗 著: 町長選挙

    奥田英朗 著: 町長選挙
    題名が気になるが、ホリエモンやナベツネをモデルにした、ユーモアあふれ、どこかペーソス(哀愁)を感じさせる、人生賛歌?

  • 佐々木 毅著: プラトンの呪縛

    佐々木 毅著: プラトンの呪縛
    民主主義の可能性と限界を考えさせるプラトン。ではいかなる政治が?小泉自民党を支持した私を含む日本国民が慎重に考えなければならない。

  • 土門 拳: 土門拳強く美しいもの

    土門 拳: 土門拳強く美しいもの

  • 日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済

    日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済
    全章興味深いが、第12章 「エネルギーの覇権」:土市勉 は柏崎の方なら必読。僭越ながら、原子力と水素:燃料電池の関連づけは私も浜岡原発の事故の際に思いついた。

  • 村上 龍: 半島を出よ 下

    村上 龍: 半島を出よ 下
     益々さわやかさからは遠ざかる。暴力がテーマ、となると北野武監督になると思うが、村上龍自身監督をつとめた経験もあるのだから、いずれ映画化されるであろう。それを意識して書かれた作品。  北野武が蓮實重彦にその自殺願望を見抜かれたことと同様、気付かれたくない、けれども気付いてもらいたい、落ちていく日本、それに気付かない日本人。実は日本自身に自殺願望があるのだ、それを感じ取ってくれ、との叫びの様にも感じられる。希望は?再生は?さて、・・・・。         

  • 村上 龍: 半島を出よ 上

    村上 龍: 半島を出よ 上
    さわやかな連休には一番ふさわしくない本だが、今の日本人が一番読まなければならないような気がする。読み始めたばかりだが、そう感じた。20年ほど前、同じ村上龍の「愛と幻想のファシズム」を読んで唸ったことがあるが、同様にインパクトがある本のように思える。

  • 幸田 真音: 小説ヘッジファンド

    幸田 真音: 小説ヘッジファンド
    4.5年前のものだが、今読むと日本経済、システムがよく分かる。結末は少し出来すぎ。


  • 佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

    佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

にもかかわらず桜井 サイト内検索


« モモクリの湯 | トップページ | 柏崎日報あれこれ  »

2007年6月21日 (木)

新渡戸稲造曰く

 私は柏崎刈羽は一体であるべきだと思う。水もお金もである。格好良くあっていただきたい。

 大型書店がOPENした。品揃えもいい。早速行ってきた。意地で高等遊民を気取り、夏目漱石、松本清張、池波正太郎、そして新渡戸稲造を買ってきた。

 「武士道」の中で、謙信と信玄の有名な逸話を紹介している。

 「我の公と争うところは、弓矢にありて米塩にあらず、今より以後塩を我が国に取れ、多寡ただ命のままなり」

 また、「ローマ人は金をもって戦わず、鉄をもって戦う」というカミラスの言を紹介し、

「実に勇と名誉とは等しく、平時において友たるに値する者のみを、戦時における敵としてもつべきことを要求する。勇がこの高さに達した時、それは仁に近づく」と締めている。

 もう一度、柏崎の水の使い道を、柏崎・刈羽の行く末を考えて頂きたい。

 

« モモクリの湯 | トップページ | 柏崎日報あれこれ  »

コメント

とおりすがり さん、コメントありがとうございます。民意、市民の声。現代、今正に情報化社会が現実のものとなって、やろうと思うならば、365日24時間、あらゆる事柄において常に住民投票が出来ます。直接民主主義が可能です。それをやらないのはなぜでしょうか。そこに謙虚なもの、知恵、そして先見が隠されていると思うのです。

生まれも育ち現住所も柏崎人です。
プルサーマル導入の是非について、刈羽村では住民投票をしましたが、なぜ柏崎では実施しなかったのでしょうか?
あの時は刈羽村が住民投票の結果受け入れを拒否したため、実現しなかったと記憶しています。
民意を尊重しないような行政が暴走するのを防止する上でも刈羽村は独立していて欲しいと思います。
まぁ、柏崎が刈羽村に吸収合併されて刈羽市になるのであれば話は別ですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新渡戸稲造曰く:

« モモクリの湯 | トップページ | 柏崎日報あれこれ  »

現在の時刻


学習塾SEA

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ