2005年9月までのバックナンバーはこちらです!

地震後7ヶ月のブログ

私のつれづれbooks

  • マキアヴェリ 君主論
    決断力のない君主は、当面の危機を回避しようとするあまり、多くのばあい中立の道を選ぶ。そして、おおかたの君主が滅んでいく。(君主論) 弱体な国家は、常に優柔不断である。そして決断に手間どることは、これまた常に有害である。(国家論)
  • 奥田英朗 著: 町長選挙

    奥田英朗 著: 町長選挙
    題名が気になるが、ホリエモンやナベツネをモデルにした、ユーモアあふれ、どこかペーソス(哀愁)を感じさせる、人生賛歌?

  • 佐々木 毅著: プラトンの呪縛

    佐々木 毅著: プラトンの呪縛
    民主主義の可能性と限界を考えさせるプラトン。ではいかなる政治が?小泉自民党を支持した私を含む日本国民が慎重に考えなければならない。

  • 土門 拳: 土門拳強く美しいもの

    土門 拳: 土門拳強く美しいもの

  • 日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済

    日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済
    全章興味深いが、第12章 「エネルギーの覇権」:土市勉 は柏崎の方なら必読。僭越ながら、原子力と水素:燃料電池の関連づけは私も浜岡原発の事故の際に思いついた。

  • 村上 龍: 半島を出よ 下

    村上 龍: 半島を出よ 下
     益々さわやかさからは遠ざかる。暴力がテーマ、となると北野武監督になると思うが、村上龍自身監督をつとめた経験もあるのだから、いずれ映画化されるであろう。それを意識して書かれた作品。  北野武が蓮實重彦にその自殺願望を見抜かれたことと同様、気付かれたくない、けれども気付いてもらいたい、落ちていく日本、それに気付かない日本人。実は日本自身に自殺願望があるのだ、それを感じ取ってくれ、との叫びの様にも感じられる。希望は?再生は?さて、・・・・。         

  • 村上 龍: 半島を出よ 上

    村上 龍: 半島を出よ 上
    さわやかな連休には一番ふさわしくない本だが、今の日本人が一番読まなければならないような気がする。読み始めたばかりだが、そう感じた。20年ほど前、同じ村上龍の「愛と幻想のファシズム」を読んで唸ったことがあるが、同様にインパクトがある本のように思える。

  • 幸田 真音: 小説ヘッジファンド

    幸田 真音: 小説ヘッジファンド
    4.5年前のものだが、今読むと日本経済、システムがよく分かる。結末は少し出来すぎ。


  • 佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

    佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

にもかかわらず桜井 サイト内検索


« 展望を持つ | トップページ | プラトンと柏崎 »

2007年6月19日 (火)

伝記

 昨日は展望について書いたが、今日は「てんぼう」について書きたい。

 覚えておられる方も多いと思うが、「てんぼう」とは野口英世に幼年時代つけられたあだ名である。桜井雅浩は幼年時代、いわゆる伝記なるものをいくつか読んだが、野口英世のものは特に印象が強かった。ご存じの通り、やけどの結果「手ん棒」になってしまい、バカにされながらも、また貧しさ耐えながらも勉学を重ねる。自分の手を治してもらった先生のように偉い医者になりたいという夢を実現したお話である。

 その後、私は大人になって、野口英世は、若い頃、放蕩三昧で、借金を重ね、遊郭入り浸りとなり、反省をして、清作という本名を改名して、英世になった、と言うことを学んだ。なるほど偉人たるもの放蕩をせねばならぬのか、ふむふむ、遊郭か、と考えたのは20代の頃であった。私は改名していない。

 大学4年の頃、授業の中で、野口英世の母シカの手紙を取り上げた先生がいらっしゃった。有名な手紙である。

 おまイの。しせ(出世)には。みなたまけ(驚き)ました。
 わたくしもよろこんでをりまする。
 
 なかた(中田)のかんのんさまに。さまにねん(毎年)。 
 よこもり(夜籠り)を。いたしました。

 べん京なぼでも(勉強いくらしても)。きりかない。
 いぼし(烏帽子:近所の地名)。ほわ(には)こまりをりますか。
 おまいか。きたならば。もしわけ(申し訳)かてきましよ。

 はるになるト。みなほかいド(北海道)に。いて(行って)しまいます。
 わたしも。こころぼそくありまする。
 ドカ(どうか)はやく。きてくだされ。

 かねを。もろた。こトたれにもきかせません。
 それをきかせるトみなのれて(飲まれて)。しまいます。

 はやくきてくたされ。

 はやくきてくたされ

 はやくきてくたされ。

 はやくきてくたされ。

 いしよの(一生の)たのみて。ありまする

 にし(西)さむいてわ。おかみ(拝み)。
 ひかし(東)さむいてわおかみ。しております。

 きた(北)さむいてわおかみおります。
 みなみ(南)たむいてわおかんておりまする。

 ついたち(一日)にわしをたち(塩絶ち)をしております。
 ゐ少さま(栄晶様:修験道の僧侶の名前)に。ついたちにわ
 おかんてもろておりまする。

 なにおわすれても。これわすれません。

 さしん(写真)おみるト。いただいておりまする。(→神様に捧げるように頂く) 
 
 はやくきてくたされ。いつくるトおせて(教えて)くたされ。
 これのへんちち(返事を)まちてをりまする。
 
 ねてもねむられません       
注釈:(財)野口英世財団

 野口英世はご案内の通り1000円札になっているが、お母さんの方が偉人ですね。

 そして、野口英世と共に読んだ伝記はリンカーンのものである。そして、歴代アメリカ大統領の中で最も人気が高いのはリンカーンである。奴隷解放で名高いが、共和党として初めての大統領であり、南北戦争の軍事指導者として有能であったことも知られている。また、大統領選挙の最中、少女に「ヒゲを生やした方が威厳がある」と言われ、その通りにして当選できたというエピソードも有名である。

 私も過日、オジさんに「ヒゲが似合うんじゃないか」と言われた。少女とオジさんの違いが気にかかるが、真剣に考えている。リンカーンは5ドル札である。

 Photo_10  

 田中角栄氏の「私の少年時代」も強く印象に残っている。

 今日本には、心から尊敬できる人物が少なくなっているのではないか。今後いったい誰が伝記となるのだろうか。私の孫は誰のものを読めばいいのだろう。

« 展望を持つ | トップページ | プラトンと柏崎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝記:

« 展望を持つ | トップページ | プラトンと柏崎 »

現在の時刻


学習塾SEA

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ