2005年9月までのバックナンバーはこちらです!

地震後7ヶ月のブログ

私のつれづれbooks

  • マキアヴェリ 君主論
    決断力のない君主は、当面の危機を回避しようとするあまり、多くのばあい中立の道を選ぶ。そして、おおかたの君主が滅んでいく。(君主論) 弱体な国家は、常に優柔不断である。そして決断に手間どることは、これまた常に有害である。(国家論)
  • 奥田英朗 著: 町長選挙

    奥田英朗 著: 町長選挙
    題名が気になるが、ホリエモンやナベツネをモデルにした、ユーモアあふれ、どこかペーソス(哀愁)を感じさせる、人生賛歌?

  • 佐々木 毅著: プラトンの呪縛

    佐々木 毅著: プラトンの呪縛
    民主主義の可能性と限界を考えさせるプラトン。ではいかなる政治が?小泉自民党を支持した私を含む日本国民が慎重に考えなければならない。

  • 土門 拳: 土門拳強く美しいもの

    土門 拳: 土門拳強く美しいもの

  • 日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済

    日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済
    全章興味深いが、第12章 「エネルギーの覇権」:土市勉 は柏崎の方なら必読。僭越ながら、原子力と水素:燃料電池の関連づけは私も浜岡原発の事故の際に思いついた。

  • 村上 龍: 半島を出よ 下

    村上 龍: 半島を出よ 下
     益々さわやかさからは遠ざかる。暴力がテーマ、となると北野武監督になると思うが、村上龍自身監督をつとめた経験もあるのだから、いずれ映画化されるであろう。それを意識して書かれた作品。  北野武が蓮實重彦にその自殺願望を見抜かれたことと同様、気付かれたくない、けれども気付いてもらいたい、落ちていく日本、それに気付かない日本人。実は日本自身に自殺願望があるのだ、それを感じ取ってくれ、との叫びの様にも感じられる。希望は?再生は?さて、・・・・。         

  • 村上 龍: 半島を出よ 上

    村上 龍: 半島を出よ 上
    さわやかな連休には一番ふさわしくない本だが、今の日本人が一番読まなければならないような気がする。読み始めたばかりだが、そう感じた。20年ほど前、同じ村上龍の「愛と幻想のファシズム」を読んで唸ったことがあるが、同様にインパクトがある本のように思える。

  • 幸田 真音: 小説ヘッジファンド

    幸田 真音: 小説ヘッジファンド
    4.5年前のものだが、今読むと日本経済、システムがよく分かる。結末は少し出来すぎ。


  • 佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

    佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

にもかかわらず桜井 サイト内検索


« たんねのあかり2010 | トップページ | 山の季節 »

2010年4月30日 (金)

世界 宇宙の地球だよ

Hayabusa           はやぶさ  宇宙航空研究開発機構(JAXA)

 かつて勤めていた学校:女子美に出入りしている本屋さんがいた。屋号を「地球堂」という。私が柏崎に戻ってから鬼籍に入られたと伺ったが、随分可愛がってもらった。

 「おい、先生、研究費はなあ、本に使わなきゃダメだぜ、何でも取ってきてやるからさあ、オレは怖いモンなんかないからさあ」

 たしか、コルベットのコンパーチブルに乗り、刺激的な本屋さんだった。何でもないかのように職員室の電話を使い、注文を出していた。それをまた私たちも何でもないかのように見ていた。

 ある時、私の注文でなかなか手に入らないものがあった。取り次ぎで間に合わず、「地球堂」さんは直接出版元に電話をかけていた。

 「ハイ、おはよう。      という本なんだけど、在庫あるかな?・・・えっ、取り次ぎ通してくれって? ねえから、こうやって電話してんだよ。 わかっちゃねえなあ。・・・・おまえじゃ、わからん・・、社長出せ、社長! 何?お名前? 地球堂! 何だって? うるせえな 世界 宇宙の 地球堂だよ! 分かったか!地球堂!社長だせ!」 

 電話は社長に取り次がれることは無かったが、私の本は手に入った。

 20年が経ち、今朝の讀賣新聞。 ホーキング博士は、発達した科学文明を持つ異星人がいる可能性は高いとしたうえで、異星人の地球訪問は「コロンブスがアメリカ大陸に到着したのは、アメリカ先住民にはよくなかった。同様の結果になる」と指摘。人類は異星人と接触を試みるべきではないとの見解を披露した。自らの資源を使い果たした異星人は、「遊牧民となって、征服して移住できる惑星を探すだろう」とも述べた。 「コロンブスがアメリカ大陸に到着したのは、アメリカ先住民にはよくなかった。同様の結果になる」 

 そして、日本、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、小惑星探査機「はやぶさ」

 今年、6月13日地球に帰ってくる。近地球型とよばれる小惑星「イトカワ」の表面からサンプル物質を持ち帰ってくることが期待されている。月以外初めてのサンプルに大きな関心と期待が寄せられていると言う話である。

 2003年5月9日に打ち上げられ、2005年11月20日6:10にイトカワへの着陸。そして、2010年6月地球へ帰ってくる。往復8年。さて、サンプルに地球外生命体の痕跡は見いだせるのだろうか。地球外生命体 extraterrestrial life 、いわゆるET。非常に興味ある話である。

 世界、宇宙の地球。ご本人に他意はなかったのだろうけれども、20年が過ぎ、ちょっと感じるところがあった。

« たんねのあかり2010 | トップページ | 山の季節 »

現在の時刻


学習塾SEA

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ