2005年9月までのバックナンバーはこちらです!

地震後7ヶ月のブログ

私のつれづれbooks

  • マキアヴェリ 君主論
    決断力のない君主は、当面の危機を回避しようとするあまり、多くのばあい中立の道を選ぶ。そして、おおかたの君主が滅んでいく。(君主論) 弱体な国家は、常に優柔不断である。そして決断に手間どることは、これまた常に有害である。(国家論)
  • 奥田英朗 著: 町長選挙

    奥田英朗 著: 町長選挙
    題名が気になるが、ホリエモンやナベツネをモデルにした、ユーモアあふれ、どこかペーソス(哀愁)を感じさせる、人生賛歌?

  • 佐々木 毅著: プラトンの呪縛

    佐々木 毅著: プラトンの呪縛
    民主主義の可能性と限界を考えさせるプラトン。ではいかなる政治が?小泉自民党を支持した私を含む日本国民が慎重に考えなければならない。

  • 土門 拳: 土門拳強く美しいもの

    土門 拳: 土門拳強く美しいもの

  • 日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済

    日本経済新聞社: 歴史から読む現代経済
    全章興味深いが、第12章 「エネルギーの覇権」:土市勉 は柏崎の方なら必読。僭越ながら、原子力と水素:燃料電池の関連づけは私も浜岡原発の事故の際に思いついた。

  • 村上 龍: 半島を出よ 下

    村上 龍: 半島を出よ 下
     益々さわやかさからは遠ざかる。暴力がテーマ、となると北野武監督になると思うが、村上龍自身監督をつとめた経験もあるのだから、いずれ映画化されるであろう。それを意識して書かれた作品。  北野武が蓮實重彦にその自殺願望を見抜かれたことと同様、気付かれたくない、けれども気付いてもらいたい、落ちていく日本、それに気付かない日本人。実は日本自身に自殺願望があるのだ、それを感じ取ってくれ、との叫びの様にも感じられる。希望は?再生は?さて、・・・・。         

  • 村上 龍: 半島を出よ 上

    村上 龍: 半島を出よ 上
    さわやかな連休には一番ふさわしくない本だが、今の日本人が一番読まなければならないような気がする。読み始めたばかりだが、そう感じた。20年ほど前、同じ村上龍の「愛と幻想のファシズム」を読んで唸ったことがあるが、同様にインパクトがある本のように思える。

  • 幸田 真音: 小説ヘッジファンド

    幸田 真音: 小説ヘッジファンド
    4.5年前のものだが、今読むと日本経済、システムがよく分かる。結末は少し出来すぎ。


  • 佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

    佐伯 啓思著: 「市民」とは誰か(PHP新書 022)

にもかかわらず桜井 サイト内検索


« 5年ぶりの再開です! | トップページ | 5年ぶりの再開です! 記者会見の続き 施策のシナリオ »

2016年10月28日 (金)

9月28日の記者会見以降の状況の変化と私の基本姿勢

 私は47年間の原発を巡る対立が、柏崎発展のための活力であったと思います。

 同時に原発推進、反対、2つの勢力に力を分け、柏崎のまちづくりに結集できなかったことは残念な事であったとも思います。

 そんな中、両者からお声がけを頂いたのは、私にとって名誉でもありました。

 人口減少も顕著で柏崎の今後に大きな不安を抱く今、福島原発事故を経た今、出来るところから、手を携え、現実を見つめながら、理想を追いかけることに意義があると考えました。

  48年目にしてほんの少しではあるが柏崎が「かんもされ」、「結ばれ」、「変わる」事が出来るのではないかと思い、立候補の決意をしたのであります。

 私とそれぞれ両派個人との信頼関係から生み出された立候補でありましたが、残念ながらその信頼はより多くの皆さんには広がらなかったと言う事であります。

  本当に残念です。私の不徳と不明によるものです。

 しかし、「強く、やさしい」「元気な」柏崎をつくるために、全ての力を合わせたい、と言う私の願い、路線に変化はありません。超原発。原発を超えて、意見の相違を超えて、笑い声を伴ったまちづくりに邁進したいと希望しているのです。

 そして、この際、私がすぐにでも原発再稼働を認める事がごとき誤解があれば払拭しておきたいと思います。原子力規制委員会の審査が通り、東電から要請があったとするならば、柏崎市は再稼働に関し、自らの考えを明示し、改めて広く市民の意見を聞く(柏崎市広聴条例の制定)(前回会見ではシステムと表現)事も考えています。

 その意見も参考としながら、

 「条件をつけて」とは、その方向性を含め条件が整えば、 認める。

            全く条件が整わなければ、    認められない。

 条件とは「安全・安心、市民の生活、経済に資するように」いくつかを想定

   例えばそのうちの1つ

    最悪のシミュレーション:冬期・大雪・夜間 対応

   避難、緊急車両が通行する基幹道路の耐震性チェック、補強、改良工事

   基幹道路のみならず、各町内末端に至るまでの除雪体制確立

   街灯の補助電源

      国費にて行う

                               以 上

              2016年10月11日 記者会見 配布資料より

« 5年ぶりの再開です! | トップページ | 5年ぶりの再開です! 記者会見の続き 施策のシナリオ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5年ぶりの再開です! | トップページ | 5年ぶりの再開です! 記者会見の続き 施策のシナリオ »

現在の時刻


学習塾SEA

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ